スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


これまでの名監督

カテゴリー: 野球全般

 勝負は時の運であり、またその年の戦力によって優勝の行方はかかっている。
V9時代の巨人のように、ONがいて、彼らが率先してチームを引っ張り、時には、コーチ・監督の分まで役割を担っていたであろうし、土井・高田・柴田・森なども自分の領分を十分理解していたと思う。無論、伝統チームの監督であるからそれなりの重圧はあろうが、いずれにしろ戦力には恵まれていた。昔は、スーパースターの活躍で勝てた。しかし、最近の巨人の例を見ても解るように、近代野球は、チーム編成・用兵の使い方・戦術・戦略といった、監督の力量に負うところが多くなっているのである。
 たまたまそのチームの黄金期に居合わせた監督と、それを土台から作ってきて優勝までさせてしまう監督とは、おのずと違うであろう。
そういう意味では、2球団以上優勝させた監督を名監督と言いたい。(1チームだけや連覇は、時の運ということもある)2チーム以上のチームを優勝させた監督こそ名監督といえるであろう。

2チームの優勝監督 3チームの優勝監督

監督名 優勝させたチーム
水原 ○巨人と○東映
三原 △巨人と○西鉄と○大洋
野村  南海と○ヤクルト
西本  大毎と阪急と近鉄
広岡 ○西武と○ヤクルト    
仰木  近鉄と○オリックス
王   巨人と○ダイエー            ○は日本シリーズ優勝(日本一)
星野  中日と阪神               △は1リーグ時代

 やはり西本監督が群を抜いている。ロッテの前身である大毎時代は、榎本・山内・葛城・田宮などのミサイル打線を抱えた強豪チームであったが、阪急の監督を引き受けた頃の同チームは、近鉄と毎年最下位を争う、パリーグのお荷物球団であった。大リーガーのスペンサーを獲得し、大熊・住友・坂本・長池・森本らを育て、第1期黄金時代を作り上げた。投手も足立・米田・梶本・石井茂男の四天王である。その後も連覇を続け、福本・蓑田・加藤・島谷・大橋・中沢、投手では、山田・戸田・白石・宮本・大石・松本・竹本らの第2期黄金時代までスムーズな世代交代を成功させた。常時優勝を狙えるチームにし、最後には、愛弟子上田に引継ぎ、自らはもう一つのお荷物球団であった近鉄の監督となり、この近鉄も2年連続優勝させてしまうのである。
 
 彼こそ長期展望に立って、チームを作っていける、長距離型監督であろう。しかし、短期決戦では、不運であった。昭和40年から始まったV9巨人と6回日本シリーズで戦い、1度も勝てなかった。(40年南海、45年東京、48年南海を除いてすべて阪急がパリーグ優勝)大毎時代1回と近鉄時代2回を併せ、9回も日本シリーズ出場を果たし、短期決戦での勝負運がなかったわけである。長期戦と短期戦では、戦い方が異なるのであろう。
 
 皮肉にも、上田阪急になって、宿敵巨人を倒すのである。もう一つの皮肉は、阪急は、いくら勝っても人気がなかったのである。勝負師西本の地味すぎる性格も一因したのであろう。強すぎて面白くないといわれたのは、阪急ぐらいではなかろうか。そのため、前後期というおかしなプレーオフ制度が引かれ、野村南海に優勝をさらわれたこともあった。前後期線では、早々と脱落したチームの日程消化試合が前期と後期で倍増加するのである。後期南海は、阪急に一勝もできずに、プレーオフで勝ち(ここでも西本は短期決戦に弱かった)”死んだふり”と言われたものである。
 
 西本の不運は、さらに続き、”スクイズに泣いた監督”とも言われた。初優勝の大毎でも9回にスクイズのサインを出し、失敗したのである。運命的であるが、
監督最後となった、近鉄・広島戦でも球史に残る江夏の21球で、彼にスクイズを外されるのであった。
 一度も日本一になってないとはいえ、やはり西本は一番の監督だと思う。上の表に掲げたうち、前年最下位から、監督就任後即優勝させた監督は、大洋時代の三原だけである。(星野阪神は、2年目だし、優勝の原動力は、金本の加入だと思う)このときの対戦監督が、何と大毎時代の西本で、世間評では圧倒的大毎有利であったにもかかわらず、結果は大洋の4戦ストレート勝ちであった。ここでも西本の不運が伺える。なお、大洋の日本シリーズ出場は、これと横浜になってからの1回しかなく、2度とも日本一になっている。日本シリーズ勝率10割は、大洋(横浜)のみ。
 前年最下位の大洋を優勝させたことから、三原マジックと騒がれたが、1リーグ時代の巨人では、参考にならず、西鉄で優勝できたのも、高倉・豊田・中西・大下・玉造・関口・仰木・和田らの強力打線と神様稲尾がいたのである。その他のチームの優勝もそれなりの下地と条件が揃っていた。
例外は、星野阪神であるが、前述したように、広島から移籍した金本が、チームそのものを変えたといえる。
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。