スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


過去の主だった大型トレード 1

カテゴリー: 中日ドラゴンズ

大物トレード

落合博満

 1986年のシーズンオフ、世間に衝撃を与えたのは、落合博満の電撃トレードであろう。落合はロッテの看板打者で、あの王貞治でさえ成し得なかった史上初の三冠王3度の受賞者である。
 大体、巨人のONや広島の山本浩二、衣笠が、ストーブリーグを賑わす訳がなく、トレード話など笑われるだけであった。落合もそういう存在だと思っていた。ロッテというより、パリーグの看板選手であった。しかし、ロッテ球団ではーーーー。
 落合は3度も三冠王を獲得していながら、チームは一度も優勝争いさえしていない。これは、落合一人のせいではないが、高騰する年棒の割には、球団内での評価は低かったと言う事になる。
 
 落合ほどの高額選手を獲得できる球団は限られてくる。ここで巨人と中日の激しい争奪戦が展開されたのである。自分は、当然巨人が金に物を言わせて獲得するだろうと思っていた。ところが、ロッテでは、押さえの投手獲得が急務だったのである。争奪戦の結果は、リリーフエース牛島和彦を交換要員とした中日に軍杯が上がった。
しかし大物・落合に対して、如何に牛島と言えど、1対1のトレードでは釣り合いが取れず、何と前代未聞の1対4のトレードとなったのである。中には、ルーキーイヤーからセカンドのレギュラーを掴み、1982年の中日優勝に貢献した内野の要である上川誠二も含まれていた。後の二人は、平沼定晴桑田茂の両投手である。
 ちなみに、平沼は1996年に中日に戻っているが、このときのトレードもロッテ側は彼の他、前田幸長樋口一紀、中日側は、仁村徹、酒井忠清、山本保司という3対3のトレードであった。つまり彼は、プロ野球生活において生涯2度の大型トレードを経験しているのである。

 落合との交換要員となった4人のうち、ロッテで活躍したのは牛島だけであり、彼は2度の最多セーブを受賞している。しかし、全員優勝経験をしないまま、前述の平沼以外は、ロッテで現役を終えている。
 これに対して、中日に移籍した落合はいきなり3割を打ち、2年目には6年ぶりに中日をセリーグへの覇者へと導いている。彼自身プロ入り以来初めて味わう優勝の美酒であった。
2年間は無冠で終わったが、移籍3年目に打点王、4年目は打点・ホームランの2冠、5年目にもホームランのタイトルを手にし、中日でも不動の4番であった。7年間、中日に在籍したが、契約金の交渉縺れから1994年に巨人へ移籍、巨人には3年、その後日ハムへ移り、ここでは2年で現役に幕を閉じている。
 彼は、20年間のプロ野球生活で、3度の三冠王の他、ホームラン歴代6位、打点5位、長打率4位という長距離打者であった。打率も歴代8位と好打者振りも兼ね備えた天才スラッガーだったのである。

 ロッテ時代の落合は、一匹狼に見えたが、移籍した中日と巨人ではチームをまとめている姿が目に付き、監督になってからもこの経験が生かされていると思う。選手時代の個人成績は、ロッテ時代が一番良いが、ここでは優勝を経験していない。移籍先の中日と巨人で優勝を経験し、これも大きな財産となっている。
 監督・落合は常に堂々としており、選手を信頼している姿が目に付く。選手だけだなく、裏方にも大変な気の使いようだと聞く。自信に満ちた采配は、時に奇策にも移るが、彼の元で成長した若手も多い。不振の選手も信頼して我慢して使い続け、自信をつけた若手も多いはずだ。
 今期の中日は、春先調子が出ず、巨人に大きく水をあけられtが、彼が監督でいる限り、この先の展開は分からない。元々、中日の優勝は、神がかったシーズンが多かった。今後の落合采配に期待したい。
Thu 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


| | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。