スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


昨年の日本シリーズ

カテゴリー: 日本シリーズ

 昨年の日本シリーズは、全く意外であった。
短期決戦に弱かった中日が53年ぶりの屈辱を晴らした。
日ハムはパリーグを制覇し、2連覇した気の緩みを、中日の執念が上回ったということだと思う。

 日ハムはシーズン中に、早々とヒルマン監督退団発表をし、梨田新監督の”ヒルマン野球を継承しない梨田カラー”のアドバルーンを掲げた。シリーズ前にこんな発表をする球団の真意が分からなかった。
 これから大事な一戦があるというのにーー。
選手だけでなく、コーチ陣も動揺したであろう。監督が変われば、コーチ編成も変わるのだから、来年、自分はどうなるのであろうということからチームの一体感を欠いたことは紛れもない。球団の配慮が全くなかった。

 それにしてもハムは打てなさ過ぎた。よくあれでリーグ制覇できたと思う。
先発陣もダルビッシュ以外、四球の連発、完全な自滅でった。
初戦の息づまる投手戦以外は、全く中身の薄いシリーズであった。

 それだからこそ、最終戦の山井降板は、残念であった。
日本シリーズでの完全試合は、前人未到。達成すれば永遠に不滅の記録であった。
山井は、球史にその名を残すところだった。落合が無理をしてでも続投させるべきだったと思う。山井にとって今シーズン最後の1イニングだったのだからーーー。

 山井も落合も2人とも情けないと思った。
確かに中日には、岩瀬という絶対の抑えがいるし、短期決戦の怖さを知っている落合としては、ここまで3勝1敗と王手をかけていても、一つのミスから流れが変わることを熟知していたであろう。53年ぶりの日本一監督に執念を見せるべく、手堅い投手交代ではあった。結果として、日本一監督落合の名は残った。しかし、山井は?

 山井は、一年間ローテーションを通したことのないピッチャーである。
おそらく、こんなチャンスは、この先もないであろう。
極論すれば、あの9回は、彼の生涯、最初で最後の1イニングだったとも言えよう。

 勝てばいいという落合流。ファンは意外性を期待しているのだ。仮に山井が打たれても、ファンは納得したと思う。あの采配は、ファンを無視した行為だと思う。
こんなことだから、年々国内野球の人気が低下していくのではなかろうか。
日本一になった中日関係者や、中日のファンは嬉しかったであろう。
しかし、その感動はいつまで続くであろう。もっとファンに夢を与えて欲しい。

 勝ち負けにこだわらない、真の野球ファンとしては、寂しい限りの1イニングであった。
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。