スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


球史に残る侍たち

カテゴリー: 野球全般

個性派揃いの昔の侍

 各チームの強力打線の項でも書いたが、埼玉西武ライオンズの前身である西鉄ライオンズは、流線型打線も破壊力があったが、メンバーの個性も凄かった。
 1958年の球史に残る巨人との日本シリーズでは、『神様・仏様・稲生様』と謳われた稲尾和久を始め、野手に侍が集まり、野武士軍団といわれたものだ。

 WBCで、サムライジャパンといわれたが、現役選手に本当の”侍”がいるだろうか?昔の豪快な選手を見てきた自分としては、どうしてもエピソードが多い昔のツワモノと比較してしまう。
2リーグ分裂後の1950年から70年ぐらいまでには、多くの侍がいた。
 現役で、過去の強打者と比較しても引けを取らないのは、鉄人金本ぐらいではなかろうか?(単なる数字だけでなく、頑健さを含んで)
 投手も昔は、中三日が当たり前、シーズンのローテーションを3人の投手でまかない、エース級は20勝が当たり前の時代。30勝投手も出現したが、1968年の南海・皆川睦雄の31勝以降生まれていない。
日本シリーズの記録を見ても、稲尾は58年のシリーズでは、7戦中6試合に登板しているし、シーズンでも、1961年には不世出の最多勝記録42勝を残している。
 58年の日本シリーズで3連勝の後4連敗した巨人は、翼59年には、南海・杉浦忠に4連投ストレート負けしている。
 60年の巨人は、大洋にリーグ優勝を許したものの、61年にリーグを制した。またもや南海と対戦し、初戦を落としている。つまり、巨人は西鉄と南海に日本シリーズ9連敗したのである。

 稲尾や杉浦は、別格であるが、投手だけを見ても自分がよくプロ野球を見ていた頃には、鉄人米田哲也 (阪急)や弱小チームで孤軍奮闘していた国鉄時代の金田正一と近鉄一筋の鈴木啓二、『針の穴をも通すコントロール』といわれた東京オリオンズと阪神時代の小山正明 、ルーキーの年にいきなり35勝した中日の権藤博など、そうそうたる顔ぶれが目立つ。

 野手もチームごとに侍が居た。野武士軍団といわれた西鉄の中心であった中西、豊田、高倉などは数々のエピソードを持っている。
 後楽園を本拠とする前の駒沢球場から、駒沢の暴れん坊と異名を取った東映では、山本八郎が、「ケンカはち」として鳴らしたし、投手としての選手生命は非常に短かったが、親会社東映の俳優となり、ギャングや悪党を専門に演じる俳優集団悪役商会の会長となった八名信夫など、個性派がおり、その流れは、張本一家につながった(大杉、白、大下、高橋博、尾崎、土橋などが有名)。暴れん坊軍団と言われたが、各人が大変な記録保持者である。
 その他、近鉄の猛牛軍団。大リーグから闘争心を持ち込み、弱小球団に喝を入れたスペンサーがいた阪急。野村克也、杉山光平、岡本伊三美、国貞泰汎、広瀬叔功などを率いて鶴岡親分と謳われた南海。奇人と言われた天才榎本喜八 、打撃の職人山内一弘 、葛城隆雄を擁した東京オリオンズ。

 昔から、「人気のセ・実力のパ」と呼ばれており、やはりハングリー精神旺盛なパリーグの方が、猛者連中が多かった。いつ頃からこじんまりしてしまったのか。やはり、勝つためのチームプレー重視、管理野球が叫ばれ出してからであろう。
 もっとも、世の中便利になり、車社会となれば歩かないのだから、現代人の体力も落ちているといえる。武士は、一日数里歩いたのだ。プロ野球選手で車に乗らない選手はいないであろう。
 また、ハングリー精神もなくなっているし、先輩も甘い。自分が体育会に居た頃でさえ、先輩たちにぶん殴られもした。そういった厳しさもないし、世の中天下太平、打てなくたって命まで取られるわけじゃなし。
 
 長期不景気と言われ続けても、全く食えない訳ではないのだ。今まで贅沢に慣れてしまっているから、悪い状況が続くと厳しく感じるのだ。
何もプロ野球の世界に限らず、世の中全体が「良い子ちゃん」にまとまり、言論の自由だとかが、まかり通っている。我々の頃は、口より先に手が出たものだ。今の若者はそれこそ、ぶん殴りあって本当に喧嘩したことがあるのだろうか?
 昔は、喧嘩した後に仲良くなったものだ。これ以上は、という限界を知っていた。今は、それがわからないから簡単にちょっとしたことで殺人が起きたり、イジメも陰湿になっている。自分の周りを見ても陰で人の悪口を言っているばかりで、本人の前では何も言えない。自分は、ズケズケ本人の前で言うが、そういう人間は浮いてしまう。上司に対してもおかしいと思ったことはハッキリ言うが、今の日本には、”無礼講”などないのだ。飲み会の時など、「今日は無礼講だ。何でも言いたい事を言え」などとホザクが、ちゃんと覚えているのである。バカな上司ほど、ゴマをする部下が可愛いし、酒の席だからなど決して許されないのだ。

 話が逸れたが、社会現象としても硬派は、少なくなっているのだから、プロ野球界においても本当の侍などいる訳がないのだ。何でも横文字化している世の中だから、サムライならいるかも知れない。
Mon 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。