スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


球史に残る強力打線 5

カテゴリー: 福岡ソフトバンクホークス

古豪復活、ホークス・ダイハード打線

松中信彦

 南海は、1973年を最後に優勝から遠ざかり、長い低迷期を迎えた。
73年、当時パリーグは、前・後期制で、前期優勝の南海は、後期優勝の阪急をプレーオフで破り、パリーグを制した。しかし、日本シリーズでは、V9最後の巨人に1勝4敗と惨敗した。

 1988年には、身売りしてダイエーホークスとなった。1999年、福岡移転後パ・リーグ優勝・日本一、2000年にパ・リーグV2を達成した。
 ダイハードには「不死身」という意味があることから「何点取られても決して諦めない」という意味が込められている。また英語でダイハードの綴り(Die Hard)とダイエーホークスの綴り(Daiei Hawks)が似ていることから、「ダイハード打線」と命名した。
 ダイエーとなり、南海時代から数えて26年ぶりに優勝し、その2年後にダイハード打線は、命名された。この2001年は、近鉄に優勝をさらわれ、リーグ3連覇を阻止されはしたが、1978年の広島、1980年の近鉄に次ぐ、3番目のチームホームラン数200発を超えた(203本)破壊力抜群の恐怖打線であった。打撃部門のタイトルホルダーは出なかったが、井口資仁、小久保裕紀、松中信彦、城島健司の4人が30本塁打以上を放つというパ・リーグ初の快挙を達成(セリーグは、1985年の真弓、バース、掛布、岡田)し、スタメン9人のうち、2番から8番まで、7人が2ケタホームランを放っている。なお、井口は、44盗塁で自身初の盗塁王に輝いている。

  2001年第1次ダイハード打線

1 柴原洋    センター
2 P.バルデス レフト       21本塁打
3 井口資仁   セカンド     30本塁打   44盗塁  盗塁王
4 小久保裕紀  サード      44本塁打  ダイエー最多
5 松中信彦   ファースト    36本塁打
6 城島健司   キャッチャー   31本塁打
7 秋山幸二   ライト       11本塁打
8 T.ミッチェル DH        10本塁打 
9 鳥越裕介   ショート

 2003年は、100打点以上が史上初の4人、3割打者が6人、チーム打率は.297(1998年の横浜.294を抜く日本記録)と記録的に打ちまくった。更に井口が2度目の盗塁王を獲得し、村松が2位、川が3位と上位を独占し、機動力でも他を圧倒した。この打線を武器に、天敵・西武に1981年以来22年ぶりに勝ち越してのリーグ完全優勝を果たし、さらにセの阪神を破って、4年ぶりに日本一を奪回した。

  2003年第2次ダイハード打線

1 村松有人   センター      .324              32盗塁 2位
2 川崎宗則   サード                       30盗塁 3位
3 井口資仁   セカンド      .340  109打点       42盗塁 盗塁王
4 松中信彦   ファースト    .324  123打点 打点王
5 城島健司   キャッチャー   .330  119打点
6 P.バルデス  レフト       .311  104打点
7 J.ズレータ  DH 
8 芝原洋     ライト       .333
9 鳥越裕介   ショート

 2001年と2003年のオーダーのみ掲げたが、2004年には、松中が、野村・王・落合・ブーマー・バースに続く史上6人目の3冠王に輝くなど、ダイハード打線の名称は、2001年~2004年の4年間が、相応しいと言えよう。
Wed 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。