スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


球史に残る強力打線 3

カテゴリー: 埼玉西武ライオンズ

西鉄ライオンズ、流線型打線
="_blank">西鉄ライオンズ

 西鉄ライオンズは、1956年から3年連続日本一の覇を遂げるが、2年目の1957年が、ライオンズ最強打線だといえよう。
公式戦では2位の南海ホークスに7ゲーム差をつけ、日本シリーズでは読売ジャイアンツを4勝1分けと圧倒した。同一チーム同士の対戦でシリーズ3連敗は、西鉄対巨人しかなく、日本一最多回数を誇る巨人も、当時の西鉄には全く歯が立たなかった。
 1958年には、3連勝の後4連敗を喫しており、世に”神様・仏様・稲尾様”の言葉を残し、稲尾に4勝すべてを献上している。

 1957年のシーズン、2番の豊田泰光は、2番打者でありながらクリーンアップ並の成績を挙げた。恐怖の2番打者の先駆けとも言える。7番打者であった仰木彬(のちに近鉄と阪急の監督となり、両チームとも優勝させている)は絶対的なレギュラーでなかったものの、仰木を除くレギュラーメンバー7人が1957年のオールスターゲームに選出されるなど、その名の通り「最強打線」であった。

 1957年流線型打線 

1 高倉輝幸  センター
2 豊田泰光  ショート
3 中西太    サード
4 大下弘    ライト
5 関口清治  レフト
6 河野昭修  ファースト
7 仰木彬    セカンド
8 和田博美  キャッチャー 

 3番中西は、1952年に入団し、新人王。翌53年には、打率.314、36本塁打、36盗塁と3人目(過去の2人は、松竹・岩本と毎日・別当)の3割・30発・30盗塁を記録している。しかも、本塁打王・打点王を獲得。打率で岡本(南海)に4厘差で敗れて2冠王になった。
 1955年は首位打者・本塁打王になったが、1打点差で打点王を逃し、2冠王で終わった。
翌56年は本塁打王・打点王となりながら、三原監督の配慮によって最終戦に出場せず、同僚の豊田にわずか5毛差の.3246で2位でまたも2冠王となった。
 1958年には首位打者・本塁打王になりながら打点で並んでいた葛城(大毎)が最終打席で本塁打し、4度にわたって3冠王を逃している。

ノーリミット打線

 西鉄は、1969年の黒い霧事件(八百長に絡んだとして、エース池永正明・をはじめ、永易将之、与田順欣・益田昭雄の4投手が、永久追放。捕手の村上公康船田和英内野手が出場停止処分を受けた)の影響なども有り、1970年から3年連続最下位の屈辱を味わい、1972年に太平洋クラブに売却された。しかし、その後のクラウンライター時代も含め、長く低迷した。
 
 1979年に西武ライオンズとしてスタート。土台を根本監督が築き、1982年就任した広岡達朗監督の下でリーグ戦のプレーオフ(1973年から前期・後期制導入)を制し、セリーグ優勝チームの中日ドラゴンズを4勝2敗で破り、24年ぶりの日本一に輝いた。
 1986年から指揮を執った森祗晶監督は、94年までの9年間で1989年を除き(この年は近鉄が優勝)すべて、リーグを制し、日本一にも6回覇を唱えている。
 この9年間が西武の全盛期で、辻発彦、平野謙、秋山幸二、清原和博、オレステス・デストラーデ、、石毛宏典、森博幸、田辺徳雄、伊東勤、と固定した強力打線ではあったが、クリーンアップのA・K・D砲以外、特に強力打線としての命名はない。

 むしろ、当時よりずっと小粒であるが、2008年の早いカウントからの積極的に思い切り振りぬく打線に対して、ノーリミット打線が命名されている。

 2008年ノーリミット打線

1 片岡易之   セカンド   50盗塁で2年連続盗塁王  167安打で最多安打
2 栗山巧     センター  打率..317    片岡と並んで167安打で最多安打
3 中島裕之   ショート   打率.331
4 C.ブラゼル  ファースト
5 GG佐藤    レフト     打率.302
6 中村剛也   サード    46本塁打で初のホームラン王
7 後藤武敏   DH      打率.301
8 細川亮    キャッチャー
9 H.ボカチカ  ライト

198ホーマーは、2008年12球団一ながら三振数1093も同。つまり、カウントを追い込まれても 、恐れず当てに行かず、思い切り振っていった証左である。
 上記オーダーのうち、片岡を除く8人が、2ケタホームランを放っている。5試合連続3ホーマーというパリーグタイ記録に並んだり、日本シリーズ7戦連続ホームランというシリーズ記録も作っている。
 しかし、ホームランに頼るだけではなく、盗塁数も12球団2番目の107盗塁と、機動力も重視している。
Sun 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。