スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


球史に残る強力打線 2

カテゴリー: 千葉ロッテマリーンズ

ミサイル打線(毎日~大毎~ロッテ)

別当薫

 1950年、2リーグ分裂後にセリーグを制したのは、松竹ロビンスであるが、パリーグの覇者は、毎日オリオンズである。毎日は大毎、東京を経て現在のロッテになっている。

 この年毎日は、1リーグ時代に「ダイナマイト打線」と呼ばれ強打を誇っていた阪神タイガースから別当薫・土井垣武・本堂保次・呉昌征ら主力選手を引き抜き、加えてノンプロの強豪であった大洋漁業から主軸の河内卓司・戸倉勝城を獲得し、強力打線を形成した。ペナントレースでは、打率(.286)、本塁打(124)、得点(713)いずれも2位以下を大きく離してリーグトップであり、2位南海ホークスに15ゲーム差をつけ独走でリーグ優勝を飾った。
 日本シリーズでは、松竹を4勝2敗で下したが、6試合で4勝のうち、野村武史は、3勝を挙げている。それでもMVPは、別当が手にしている。
別当は、シーズンでもホームラン43本、打点105打点で2冠王に輝き、打率も3割3分5厘の2位で惜しくも3冠王を逃しているが、盗塁も34盗塁と堂々たるMVPであった。

 1950年 毎日ミサイル打線

1 河内卓司  サード
2 呉昌征    ライト
3 別当薫    センター
4 戸倉勝城  レフト
5 土井垣武  キャッチャー
6 本堂保次  セカンド
7 西本幸男  ファースト (のちに大毎・阪急・近鉄と3球団を優勝させている日本一の名監督)
8 今久留主功 ショート

大毎ミサイル打線

 日本一初制覇以来、しばらく毎日は低迷し、1958年から大毎オリオンズとなったが、1960年、毎日ミサイル打線を形成していた西本幸男が監督となり、ミサイル打線は復活した。
 この年大毎は、チーム打率(.262)と得点(547)がリーグ1位、本塁打数も1位に3本差の2位(100本)を誇る強力打線だった。同年6月にはプロ野球タイ記録の18連勝を記録し、この間の得点は1試合平均5.1点、また失点も平均2.4点と投打の噛み合わせも抜群で、最終的には2位の南海ホークスとの4ゲーム差の接戦を制した。
4番打者の山内和弘は打率.313でタイトルは逃したが、本塁打王(32本)と打点王(103打点)の二冠に輝き、シーズンMVPにも選出された。3番打者の榎本喜八は打率.344で首位打者のタイトルを獲得。2番打者の田宮謙次郎も打率.317をマークし、打率ランキングの上位3位をこの3人が占めた。

 しかし、日本シリーズでは、当時の下馬評を裏切り、セリーグ前年最下位から三原マジックと謳われ、初優勝した大洋に4戦ストレート負けを喫している。
 シりーズ第2戦では、スクイズを仕掛けた西本監督が、最後の監督となった1980年の近鉄でも、球史に残る”江夏の21球”により、涙を呑んでいる。
つまり、西本は日本シリーズで、最初なった監督と最後の監督でスクイズに泣いた男である。
常に弱小球団をリーグ制覇させてきた偉大な名監督でありながら、一度も日本一になっていない。

 1960年 大毎ミサイル打線

1 柳田利夫   ショート
2 田宮謙次郎 センター
3 榎本喜八   ファースト
4 山内和弘   レフト
5 葛城隆雄   サード
6 谷本稔    キャッチャー
7 坂本文次郎 セカンド
8 矢頭高雄   ライト

ロッテミサイル打線

 西本監督は、シリーズでのスクイズ采配をめぐり、永田オーナーと確執し、監督を辞任した。1963年限りで田宮は引退、オフには山内が阪神タイガースの主力投手である小山正明とトレード(世紀のトレード)、葛城も中日ドラゴンズに移籍など打線を支えた主力選手がチームを去り、事実上の終焉を迎えた。
 
 チーム名がロッテオリオンズに変わって初のリーグ優勝を果たした1970年の打線は、打率、本塁打、得点全てリーグ1位であり、また投手陣(成田・木樽・小山の3本柱)の好成績も相まって、2位を10.5ゲーム引き離す独走優勝となった。タイトルに輝くほどの突出した成績を残した打者はいなかったが、1番打者から6番打者までが2ケタ本塁打を放ち、さらには榎本とファーストで併用された中日から移籍の江藤愼一も11本塁打と、史上初の2ケタホームラン打者7人が誕生した。これは、指名打者制度を取っていない当時としては、特筆物だと思う。

 日本シリーズでは、得意のホームラン構成が鳴りを潜め、わずかに伏兵、井石礼司の活躍が目立ったくらいで、1勝4敗と巨人に惨敗した。

 1970年 ロッテミサイル打線

1 榎本喜八     ファースト
2 池辺巌       センター
3 A.ロペス     ライト
4 G.アルトマン  レフト
5 有藤通世     サード
6 山崎裕之     セカンド
7 醍醐猛夫     キャッチャー
8 千田啓介     ショート

 この他にも、2005年 バレンタイン監督率いるロッテにもチーム名をもじった”マリンガン打線”なる命名もあるが、過去の強力打線とは、程遠いので省く。
 よって、ミサイルを冠した強力打線は、奇しくも、50年・60年・70年と、毎日~大毎~ロッテとチーム名の変遷があるにしろ、節目の良い10年ごとに生まれている。
Sat 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。