スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


ビッグバン打線

カテゴリー: 北海道日本ハムファイターズ

 ビッグバン打線(1998年、上田監督)

田中幸男

 最近の日ハムは、貧打が目立ち、打率・ホームラン数とも両リーグ最低。数少ないチャンスをものにして、守り勝ってきている。
選手を見ても、抑えのマイケル中村が抜けた今、絶対的なエース・ダルビッシュとチャンスに強い3番稲葉しかいない。4番スレッジは、長打力に欠けるし、トップの森本も波が大きい。移籍の二岡が、どこまでやれるのかは疑問に思う。そんなチーム事情の中で、ここ数年優勝争いに加わっている事は大したものだと思う。まさに玄人受けする野球をやっている。

 以前にも記した通り、東映時代からこのチームは、不思議なチームである。20勝投手を3人も擁して、優勝できなかったり、白・大下・張本・大杉が居ながら一度も優勝争いに加わっていない。
 
 1998年、この年もご多分に漏れず、期待を裏切った。
西武時代、守備要員であった奈良原と、シーズン途中に同じく古田の控え捕手であったヤクルト野口を獲得した。彼等は、日ハムの水が合ったのか、見事打撃開眼した。前年獲得したナイジェル・ウィルソンも、この年、打点・ホームランの2冠に輝いている。長距離打者西浦はこの年に、生涯最高の成績を残している。前年巨人から獲得した落合や翌年からレギュラーを張る小笠原や甲子園のヒーロー上田佳範も代打に擁していた。

 シーズン当初より、ビッグバン打線は炸裂し、オールスター前の前半戦では、2位西武に9.5ゲーム差をつけ、独走態勢。しかし、後半あれだけ打ちまくった打線が沈黙し続け、急失速し、優勝を逃した。
 ちなみに、2000年の強力打線もビッグバン打線と命名された。両年のレギュラーを比較してみる。

  1998年のオーダー   上田利治監督                              

1 田中幸男 ファースト                
2 奈良原   ショート                   
3 片岡    サード            
4 ブルックス ライト
5 ウィルソン 指名打者
6 西浦     レフト   
7 金子誠   セカンド
8 野口    キャッチャー
9 井出    センター

  2000年のオーダー   大島康徳監督

1 井出    センター             
2 小笠原   ファースト
3 片岡    サード
4 オバンドー レフト
5 ウィルソン 指名打者
6 上田    ライト
7 田中幸男 ショート
8 野口    キャッチャー
9 金子誠   セカンド

 日ハムは、2000年にも優勝していない。つまり、張本・大杉の時代も含め、強力打線と謳われた年には、優勝を逃しているのである。
 1981年、大沢親分が率いたリーグ2度目の優勝時は、島田誠・高代・クルーズ・ソレイタ・柏原・古屋等の強力打線で例外であったが、間柴茂有が15勝無敗、岡部憲章が防御率1位、江夏がセーブ王など、投手陣の踏ん張りも大きかった。
Sun 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。