スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


プロ野球人気低下を憂う者

カテゴリー: 野球全般

 昨今、日本プロ野球の人気低下は拍車をかけるばかりで、その人気は大リーグに完全に取って代わられ、国内球団は、大リーグの養成所となっている。
 
 市場開拓の先駆者は、近鉄時代の野茂で、彼の功績は評価されよう。
当初は、大家、佐々木(横浜)、吉井、石井(ヤクルト)、長谷川(オリックス)など、投手の活躍が目立った。
 その後、イチローや松井秀樹など、打者も大いに成功しており、彼らに刺激を受けた国内一流選手の流出は、止めることができない。
日本のプロ野球を真に愛する自分としては、寂しい限りである。

 今こそ、プロ野球機構そのものを早急に見直さなければならない。
すなわち、有名無実化しているドラフト制度、逆指名がありながらのFA制、一球団の人気にあやかっての独断性、戦力の不均等など多くの問題を抱えている。
 無論、球団個々が一企業であり、経営が成り立たなければ、存続の危惧はある。しかし、ファンを無視する行為は、絶対許されない。
日本シリーズが見られない一リーグ制など、とんでもない話である。。
セパ交流戦もよいが、もっとファンとの交流を深め、ファンの声に耳を傾けるべきである。
 
 昨今巨人人気が低迷し、阪神が球界の盟主たらんとしていることや、日ハムやロッテの健闘ぶりが、そのことを物語っている。
両チームは、ファンを大事にしているし、楽天にもその姿勢が伺える。概して巨人のような全国区でないパリーグの方が、必死さが伝わってくる。

 真のファンは、一試合ごとの勝敗や、贔屓チームの順位などにあまり固執しない。その球団が、どういう姿勢で選手を育て、将来を見据えたチーム作りをしているかに興味を持たされるのである。そういった意味では、組織作りまで含めたストーブリーグが一番面白い。
世の中すべて金で決まってしまう。純粋なスポーツの世界こそ、金で解決してはいけないと思う。そういった意味では貧乏球団ほど応援したくなる。
 今後もチーム事情やら、試合運びの中で、気づいたことを書き連ねていきたい。
 
 両リーグのルールを統一し、日程の調整をしないと、セ・パの不公平感は払拭できないと思う。
大体、指名打者制度もパリーグだけ採用しているのもおかしい。短期決戦でこの制度に慣れていないセリーグが力量を発揮できないことも当然といえる。チームの戦力構成が違ってくるからだ。自分は、指名打者制度には反対である。
 
 巨人のON時代はともかく、近代野球はチームの総合力が勝敗を決する。バレンタインが言うように、一人・二人の力では長いシーズンを勝てず、監督の采配が決め手となる。今の選手は、打つだけではダメなのだ。守れて走れなければならない。ファインプレーや、エンドラン・盗塁にファンはしびれるのだ。流れを変えるホームランは、醍醐味であるが、近年ホームランが出すぎて面白くない。スリリングな走塁と相手外野手の強肩との競争によって見せる、2塁打・3塁打の方が興奮させられる。
それに指名打者制度だと、好投している投手に代打を出すか否か等、試合運びの妙味が薄れてしまう。投手も9人目の野手といわれているように、守れて打席に入らなければ意味がないと思う。指名打者制度は良く言えば、プロの分担制であるが、ともすれば打つだけ、投げるだけという野球選手らしからぬ片寄りを生み出す元となる。

 パリーグは人気面でセリーグに追いつかないため、生き残りに必死であるが、セリーグも日本のプロ野球そのものの人気低下を防ぐよう、パと足並みを揃え、自チームのことだけでなく、全体の改善に取り組んでもらいたい。
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(2)


前ページ | | 次ページ

Y・G

URL | [ 編集 ] 2008/04/15(火) 16:36:32

テレビとともに育ったプロ野球。その中心
が巨人でありONです。
それが今、大きな時代の変化にさらされて
います。
テレビ人気の低下とメジャーへの有力
選手の流出です。
かつてプロ球団の大半は東京・大阪圏に
ありました。現在、不人気なのはむしろ
その両圏でトップになれない球団です。
地方移転した球団は広島以外地元密着
に成功しつつあります。
つまり、プロ野球はテレビで見る時代から
球場で見る時代に変化したのです。
パはテレビの恩恵が少なかったが故に
その被害も少なく、セはその逆です。
セリーグ首脳陣にテレビ時代への郷愁が
まだ残っていることに不安を覚えます。
巨・神・中以外のセ球団は早晩経営危機
を迎えると予想します。
逆にパは地域密着に加え、ネット業界を
手中にしたことから、経営は上向くと予想
します。
また再編騒動があるのかどうか。
私はあるとみています。巨人のパリーグ
移籍です。つまり、パに巨・神・中が加入
して新リーグを作る可能性があるのでは。

所詮、プロ野球も時代の制約を受けます。
時代がどこへ向かっているのかを読む
のが経営者ではないでしょうか。
メジャーについては次の機会に書きます。
今後ともよろしくお願いいたします。

kurimasa

URL | [ 編集 ] 2008/04/15(火) 20:02:03

大変貴重かつ、丁寧なコメありがとうございます。
実は、自分は広島ファンで、地元でのカープ人気は、熱狂的です。ただ、毎年のように主力選手が欠け、優勝争いから遠ざかっているので、印象が薄いのです。
球団発足時、広島市民のカンパで球場建設費を補い、選手の年棒まで補填していたと聞きます。
そういった意味では、広島こそ国内初のフランチャイズ球団だったのです。

昭和50年以前の弱小球団時代、カープファンは、順位など関係なく、自分たちが身に行った試合が勝てば良かったのです。
現在は、パリーグが地方で成功しているので目立たないだけだと思います。











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。