スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


昭和を飾る最後のドラマ

カテゴリー: 記録

昭和から平成にかけての2年越しのドラマ

阿波野

 昭和63年のパリーグ優勝争いは、まれに見るドラマであった。
この年、前半は森監督率いる西武ライオンズの独走であった。近鉄が終始2位につけていたものの、シーズン中盤まで最大ゲーム差8をつけられ、9月15日の段階でも6ゲーム差と大きく水を空けられていた。森監督は昭和61年に、西武黄金時代を築いた広岡監督から監督をバトンタッチし、2年連続日本一を達成している。63年も、常勝西武に揺るぎはないかに思われた。
 
 しかし、9月半ばから近鉄バッファローズの快進撃が始まる。普通前半に首位を独走しているチームが、結果的にシーズンの優勝を逃すのは、自ら負けが込み始め、脱落していくものだが、この年の西武は、後半も5割ラインをキープしていたのである。それ以上に後半戦の近鉄の戦いぶりは、破竹の勢いだったのである。この年だけで近鉄は、2ケタ連勝を4度も記録している。
 あれよあれよという間に、西武に追いついてきた。そして運命の10月19日。西武は、16日に全日程を終了していた。近鉄は、残り2試合。この日のロッテ戦ダブルヘッダーに連勝すれば、勝率で西武を上回り、逆転優勝できるまでに、西武を追い詰めたのである。

 昨年の巨人も、最大13ゲームを付けられた阪神を破って逆転優勝したが、去年は阪神が自滅したのである。
 63年の近鉄は、主砲だったリチャード・デービスが大麻不法所持で逮捕され、6月7日に解雇されている。6月28日、デービスの抜けた穴を埋めるため、急遽中日ドラゴンズからラルフ・ブライアントを金銭トレードで獲得したもののこの時点では、彼はまだ未知数であった。主力の金村義明は優勝争いのさなかに怪我をし、戦線離脱した。巨人とは、土台戦力が違うのだ。
 
 この頃は、西武の黄金時代で、対抗馬は阪急。近鉄を優勝候補に挙げる人など誰もいなかった。
ところが投手では、阿波野秀幸小野和義吉井理人が大車輪の活躍をした。ベン・オグリビーとトレード期間ぎりぎりに獲得したブライアントの両外人が、打線を引っ張った。

 昭和63年10月19日は、のちに10・19と呼ばれる球史に残る1日となった。
この日は、色々なニュースがあった。秋口から昭和天皇のご容態が懸念され始め、マスコミは毎日天皇のご容態について報道していた。また、1年前のこの日は、ニューヨーク株式市場の暴落を発端に、史上最大規模の世界的株安となり、ブラックマンデーと呼ばれた日だった。さらには、6月18日に起こったリクルート疑惑から、東京地検特捜部が、リクルート本社、コスモス社、社長室長松原自宅を家宅捜索に動いた日でもあった。
 球界でも、パリーグの老舗チーム阪急ブレーブスが、リース会社のオリックスに身売りを発表した日でもあった。

 このように、激動の昭和を物語る上でも、10月19日は、歴史的な日なのであった。各マスコミは早朝から、上記4つのビッグ・ニュースを追っかけていた。
自分は、平日だったこの日会社から帰宅し、当時毎日見ていたテレビ朝日のニュース・ステーションのチャンネルをひねった。流れるニュースの中、川崎球場のロッテ・近鉄戦の途中経過を伝えていた。第一試合は、近鉄が勝ち、優勝の望みは残されたとのことであった。
全日程を終了していた西武は、2位近鉄に0.5ゲーム差をつけていた。近鉄としては、ロッテとのダブルヘッダーに連勝するしか逆転優勝はなかったのである。

 ダブルヘッダーのルールとして、第一試合は、9回までで延長なし、この時点で同点なら引き分けで試合終了となるのである。つまり、逆転優勝を狙う近鉄は、2試合とも引き分けでさえ許されないのだ。近鉄としては厳しい条件だ。 
 全国のプロ野球ファンは、西武ファンとロッテファンを除き、皆近鉄を応援していたと思う。西武は、強すぎたし、日本人は元来判官贔屓だ。9月中盤からの近鉄の快進撃も神がかっていた。皆、奇跡を信じたいのだ。

 第1試合(試合開始15:00)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
近鉄  0 0 0 0 1 0 0 2 1 4
ロッテ 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
試合時間3:21
 
第一試合は、ロッテ小川博、近鉄小野の先発だった。小川は、近鉄に相性が良かった。小野は、阿波野と共に近鉄投手陣を支えてきた。
 初回にロッテ愛甲猛に2ランを打たれたあと、近鉄打線の沈黙が続いた。5回表に鈴木貴久のソロで1点差に追いついたが、7回にはまた1点取られ突き離される。残り2回で2点差と後がなくなった。しかもここまで、小川に鈴木のソロ1本に抑えられていたのだ。
 8回表にその鈴木が、チーム2本目のヒットをライト前に放つ。仰木彬監督は、代打攻勢をかける。1死1・2塁から代打村上嵩幸が、フェンス直撃のニ塁打で走者一掃し、同点に追いついた。8回裏は、リリーフ・エースの吉井が抑えた。
 そして9回表、近鉄最後の攻撃、一死から淡口憲治がフェンス直撃のニ塁打、目の前での胴上げを阻止せんとする有藤道世監督の執念は、シーズン中リードした場面でしか使わなかったリリーフエースの牛島和彦をマウンドに送った。バッターは、この日2安打の鈴木、そして鈴木はまた打った。しかし、スタートの遅れた代走佐藤純一は、本塁憤死。ここで、誰もが終わったと思った。仰木監督は、この年で引退を決めていた梨田昌孝(現日ハム監督)を代打に送る。そして、梨田は執念の1打をセンター前へ、ついにこの試合始めて勝ち越した。
 9回裏、吉井が先頭打者に四球を与えたことで、仰木監督は、2日前に完投しているエースの阿波野にすべてを託した。2死から2ベース、死球でピンチを招いた阿波野だが、何とか抑えきって逃げ切り、第一試合をものにした。
 近鉄野球は全員野球だが、第一試合の立役者は、鈴木と梨田であろう。特に鈴木は、怪我を押しての出場であった。かつて2割5分の打者の項で、彼の事を書いたが、実に勝負強い”侍”であった。

 こうして、近鉄は逆転優勝への望みを残した。第一試合の様子は、無論後で知ったことだが、第二試合に関しては、22時からのニュース・ステーションで中継を続けた。
ここで驚いたのは、前述の如く、この日のニュースは盛り沢山だったのである。しかも、リクルート疑惑に関しての報道は、朝日が真っ先だったにも拘らず、テレビ朝日で、後半は野球中継に切り替えたことは、称賛に値する。スポンサーも協力し、野球中継を延長した。本来ニュース番組で野球中継ではなかったのだ。このように、全国民のほとんどが、近鉄の奇跡を見たかったのである。
 こんな事がこれまであったであろうか。当時、パリーグのテレビ中継はほとんどなかったのである。のちに、長嶋茂雄監督をして、「国民的情事」とまで言わしめた1994年の巨人対中日の10・8(同率首位での最終決戦)もこれほどの盛り上がりはなかった。

 そして運命の第二試合が幕を開けた。

 第2試合(試合開始18:44)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
近鉄   0 0 0 0 0 1 2 1 0 0  4
ロッテ 0 1 0 0 0 0 2 1 0 0   4
           試合時間4:12

 近鉄先発は、高柳出己、ロッテ先発は、園川一美であった。2回裏、高柳がビル・マドロックに1発を浴び、またしてもロッテに先手を取られてしまう。
6回表、オグリビーのタイムリーで同点に追いつくと、7回表には、怪我の金村の代役吹石徳一のソロで勝ち越し、更に真喜志康永にもホームランが出て、 3対1とし、2点のリードを奪う。残り3回で優勝が見えてきた。
 しかし7回裏、高柳が打たれ、代った吉井も西村徳文にタイムリーを打たれ、あっさり同点においつかれてしまう。
8回表、これまで眠っていたブライアントのソロで再び勝ち越した。その裏、第1試合に続きエース阿波野が連投のマウンドに上がる。この時点で近鉄は勝つかと思われた。
 ところが連投の疲労からか、首位打者を狙う高沢秀昭に得意のスクリューを同点ホームランされた。9回表が無得点に終った近鉄は、この裏を抑えて、4時間を超えて次のイニングの延長に入らないというルールから、時間とも戦わなければならなかった。
 9回の裏、続投の阿波野は、無死1・2塁のサヨナラ負けのピンチを迎える。だが、阿波野の高目に浮いた2塁牽制球を大石大二郎(現オリックス監督)が飛び上がってキャッチし、走者にタッチし、審判はアウトを告げた。ここで、ロッテ・ベンチから有藤監督が飛び出し、猛然と抗議する。大石は走塁妨害だというのだ。抗議は長引き、9分間の中断。結局、判定は覆らずアウト。その後もピンチを迎えながらも、何とか阿波野は抑えきった。
 しかし、この時点で10時30分。残り10分足らずでは、近鉄の攻撃は、10回表の1イニングしかないことは明確であった。
10回表、先頭のブライアントがエラーで出塁したものの、続くオグリビーは三振、ベテラン羽田耕一は、ゲッツーで近鉄の夢は消えた。
10回裏の守備につく近鉄のナイン。もう、優勝はない。だが、まだ試合は続いている。虚しい守備…。
 延長10回、時間切れ引き分け。客席では泣きじゃくるファンの姿も数多く見られた。この日の川崎球場は、ロッテの本拠地ではあっても、近鉄を応援するファンで埋め尽くされたのだ。

 自分もテレビの前にくぎ付けとなり、近鉄を応援した。恐らく大多数の国民も同じ気持ちだったであろう。近鉄は負けなかった。引き分けでも優勝は逃したのだ。これほどのドラマがあるであろうか?
 優勝できなかった近鉄ナインは、仰木監督の指示のもと、ビジターでは異例の、心から応援してくれた3塁側、そして外野スタンドのファンに一礼し、帽子を振って応えた。実に清々しかった。彼等は精いっぱい戦ったのだ。選手も泣いていた。
自分は、ここから仰木監督が好きになり、来年こそと思った。

 そして、明くる平成元年、この年も西武・オリックスとの三つ巴の大混戦となったが、ブライアントの対西武戦3連発もあり、見事近鉄はリーグを制した。3位オリックスまで0.5ゲームという大接戦であった。近鉄は、昭和最後の大ドラマ”10・19”の屈辱をバネに、栄冠を手にしたのである。
 しかし、残念ながら日本シリーズでは、巨人に3連勝しながら、”加藤哲郎の舌禍事件”で有名になってしまったが、4連敗し、シリーズ敗退した。いかにも近鉄らしい。
 結局近鉄は、12球団唯一(新生の楽天は除く)、一度も日本一を経験しないまま2003年のシーズンを最後に、球団消滅してしまったのである。

 地元を大阪に移し、大阪で愛された近鉄。過去には、日本記録である10点差を逆転したり、初回の6点差をはね返したり、”逆転の近鉄”と呼ばれたこともあった。一度火が点くと、手がつけられない”いてまえ打線”。昭和の最後と平成元年で見せた2年越しのドラマ。パリーグ屈指のユニークな愛すべき球団なのであった。
スポンサーサイト
Fri 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。