スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


WBC総括

カテゴリー: 野球全般

侍ジャパン

侍ジャパン

 これまでの長島ジャパンやオリンピックの星野ジャパンとは違い、”侍ジャパン”としたことは大正解だったと思う。その名称で日本人であることのアイデンテティを産み、国民が一体化して応援したのだと思う。過去のWBCや昨年のオリンピックの時よりも、今年は盛り上がったと思う。

 しかし、過去の国内プロ野球を知っている自分としては、近代のプロ野球選手が”サムライ”と呼べるだろうか疑問である。『球史に残る強力打線』として記してきた様に昔のプロ野球選手には、猛者連中が多かったが、近年はいわゆる優等生が多く、こじんまりとまとまってしまっている。(これは野球に限らず、世の中全般に言えるとは思うが)

 そういった意味では、今回のメンバーは4番打者の寄せ集めではなく、3番バッタータイプが多かったことが勝因だと思う。今の日本の野球を象徴していると思った。
 国内野球が変わってきたのは、各チームに日本人の長距離4番打者がいなくなったことと、オリックス時代のイチローの出現だと思う。
 チーム構成も機動力と、投手を中心とした守り重視になっている。ピッチャーも先発完投型から中継ぎ押さえが重視されている。先発は5日から6日の間隔を空け、100球が目処になっている。
投手の分担制は、セーブ記録が着目されだした1974年、中日優勝時の星野仙一からだし、拍車をか
けたのが奇しくも1982年同じく中日優勝時の近藤貞夫監督だと思う。

 WBCに戻るが、選出された日本のピッチャーには好投手が多かった。大リーグ入りした日本選手でも実証されているように、バッターよりもピッチャーの成功例の方が圧倒的に多い。そういった意味では、国内チームのエース級は、世界でも堂々通用するようになっている。
 韓国戦での猛打爆発はあったが、やはり日本の勝つ野球は、投手の好投と守りしかないであろう。優勝を決めた韓国戦での内川のプレーは圧巻であった。彼は入団当時セカンドを守っていたが、怪我が多いこととチーム事情から、外野、ファーストを守らされた。去年、ファーストに固定されて、国内プロ野球史上右打者での最高打率で首位打者に輝いた。各解説者は、「外野飛球を
ああいった止め方が出来るのは内野経験者だからだ。」と言っていたが、止めた後のセカンド送球で見せた強肩とコントロールも実に見事だった。バッティングでも再三塁に出て貢献したし、影のMVPだと思う。

 自分が不思議に思ったのは、その内川を当初先発で原監督は起用しなかったことだ。内川だけでなく、実践的な選手である片岡川崎が外されていたのも以外だった。川崎は、怪我で本調子でなかったのかもしれないが、最後の方で多少打ったとは言え、当初全くブレーキだった岩村をセカンドに固定して使い続けたことは理解できなかった。もう一人、不振の福留を使い続けたのも納得できなかった。原は、日本人大リーガーとして大きな舞台を経験している2人に期待したのだろうが、長期戦ならいざ知らず、短期決戦は、調子の良し悪しを早目に見極め、起用していくことが定石であろう。これまでの国内でのプレー・オフや日本シリーズを見ても枚挙に暇がない。
 投手においては、小松、渡辺、涌井、藤川など、調子が悪いとかむこうののボールに合わないと見るや、早目に使わない断を下したのとは対照的であった。

 いずれにしろ、勝つには勝ったが、危なっかしいことこの上なかった。韓国の選手と比べて見ても、体格がまるで違うし、長打力ッでは明らかに劣っていた。福留、岩村、城島も日本では、長距離打者であったが、大リーグに言ってからは、長距離砲ではなくなっている。小笠原稲葉も3番タイプだし、日本の本来の長距離砲は、村田一人であった。そういった意味で3番打者を揃えた打線と言ったのであるが、それにしては繋がりに欠け、足を使った機動力もほとんど見られなかった。
 アメリカは、選手の人選からして、本気で戦っていないように見えたし、敗者復活戦あっての優勝は、事実である。地区を分けての対戦も世界選手権と言えるだろうか?
アジア・アメリカと一緒にして総当りのリーグ戦にした方が、真の勝者が分りやすい。

 そう言った捻くれた見方もあるが、日本人として素直に喜びたい。しかし、色々と教訓にはなったと思う。まず一番に使用ボールの違いだ。重いということで戸惑った投手が多かった。大体日本で使われているボールは軽くて飛びすぎる。だから誰でもホームランを打てるのだ。他の項でも書いたが、出過ぎるホームランは面白くない。
長距離打者が、減っている近代だからこそ、ホームランよりもスピード感溢れる野球と、プロの守りを見たいと願うのは、自分だけであろうか?
スポンサーサイト
Mon 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。