スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


東映の大型トレード

カテゴリー: 北海道日本ハムファイターズ

チームを変えた大トレード

張本勲

 1959年、東映フライヤーズ入団以来、レギュラーを張って来た天才打者・張本勲は、ルーキーイヤーで新人王、2年目には3割、3年目に首位打者を獲得。4年目の1962年には、MVPを獲得し、東映初優勝に大きく貢献している。
 その後も「安打製造機」の異名を取り、毎年のように20本塁打以上と首位打者争いに加わり、チーム名が日拓~日本ハムに変わるも、巨人に移籍する1976年までの在籍17年間で、7度の首位打者に輝いている。
 1967年からレギュラーに定着した大杉勝男と3・4番を組み、チームの牽引車となっている。大杉は、1968年より6年連続30本塁打、1970年からは3年連続40本塁打を放ち、1970年・71年と2年連続本塁打王、また1970年・72年と2度の打点王に輝いている。

 しかし、張本・大杉時代は一度も優勝していない。巨人の王・長島のON砲に勝るとも劣らないHO砲は、一度も優勝に貢献していないのだ。
 張本は、子供の頃からガキ大将で、学生時代は喧嘩に明け暮れていたという。東映でも大杉を筆頭に白仁天、大下剛史、高橋博士、金田留広、尾崎行雄らを子分に従え、張本一家を構築していた。東映の歴代監督やコーチは、張本を如何に制するかで頭を悩ましたと言われている。

 そして、球団は旧東映色を一掃すべく、1974年~76年に張本一家の放出に踏み切ったのである。
この間の大物トレードは以下である。

1974年  金田留広⇔野村収(ロッテ)
1975年  大下剛史⇔上垣内誠、渋谷通(広島)
1975年  白仁天  ⇔東田正義(太平洋クラブ)
1975年  大杉勝男⇔小田義人、内田順三(ヤクルト)
1976年  張本勲  ⇔高橋一三、富田勝(巨人)

 これらのトレード効果はどうであったろう。チームの体質改善を図った日本ハムだが、パリーグを制するのは、1981年まで待たねばならなかった。
 それでは、選手個々の成績であるが、まず、兄正一が監督するロッテに移籍した金田留広は、この年16勝をマークし、2度目の最多勝とパ・リーグMVPを獲得、チームの24年ぶりの日本一に大きく貢献した。しかし、その後はパットせず、1979年には広島に移籍している。
 大洋を振り出しにロッテ~日ハムと移籍した野村収は、日ハムに4年間在籍し、毎年30試合近く登板したが、また大洋へ戻っている。その後阪神へと渡り歩き、12球団から勝ち星を挙げた最初の投手になっている。

 広島へ移籍した大下は、広島野球を変えた。開幕当初、日本初の大リーグ経験監督と騒がれたジョー・ルーツであったが、指揮を取ったのはわずか15試合、その後監督が古葉竹識に変わっている。
しかし大下は、キャンプ中からルーツが目指した「走る野球」の申し子であった。大下はトップバッターとしてチームを牽引し続け、初の盗塁王を獲得し、広島に悲願の初優勝をもたらしたのである。
比較的おとなしい選手が多かったカープに、彼の闘争心を植え付けたのだ。
 彼に対して、日ハム入りした上垣内誠渋谷通は、それぞれ守備要因と控えの1塁手という形でレギュラーにはなれなかった。

 太平洋に移籍した白は、水を得た魚のごとく、この年初の首位打者を獲得した。太平洋には2年、その後ロッテと近鉄に移籍している。20年間に渡り日本球界で活躍した白だが、1982年に発足した韓国プロ野球のMBC青龍に入団。同年に監督兼選手(指名打者)として打率.412をマークし、首位打者を獲得。この記録は現在まで韓国プロ野球史上シーズン最高打率で、韓国プロ野球史上唯一の4割打者となっている。
 白の代わりに期待された東田正義は、日ハムでパットせず、この年限りで阪神に移籍し、阪神でも2年在籍しただけで引退した。

 大杉は、ヤクルト移籍の1年目はスランプに陥ったが、2年目には3割をマーク、3年目の1977年には打率.329、31本塁打、104打点という成績を残した。翌78年も同様の活躍を見せて球団のリーグ初優勝に貢献、日本シリーズではMVPに輝いた。1981年には.343という生涯最高の打率を記録するが、首位打者には及ばなかった。1983年限りで現役引退するも、この年の6月3日に前人未踏の両リーグ1000本安打を達成した。両リーグ200本塁打には惜しくもあと1本及ばなかった。
 大杉に代って、日ハムに移籍してきた小田義人は、太平洋に移籍した白と最後まで熾烈な首位打者争いをした。3年間日ハムに在籍し、その後南海、近鉄と渡り歩いたが、日ハム移籍した初年が、彼の生涯最高の成績であった。もう一人の内田順三は、2年間日ハムに在籍した後、広島に移っているが大した成績は残せなかった。

 子分たちを他チームにトレードされた親分・張本であったが、最後には彼自身も巨人に移籍した。これは、出されたというより、前年屈辱のセリーグ最下位に沈んだ長島・巨人の再建として、巨人から望まれたものであった。巨人からは、左腕エースの高橋一三と長島の後継者として期待の高かった富田勝が交換要員という大物トレードであった。
 天才打者・張本はセリーグでも、移籍1年目から惜しくも首位打者こそ逃したものの.355という高打率を挙げている。1年目・2年目とも高打率で打撃成績2位で、2年連続セリーグ制覇に大きく貢献した。巨人に4年在籍した後、ロッテに移り、ロッテ2年間でユニフォームを脱いでいる。
彼こそ、現代のイチローに匹敵する不世出の大打者である。
 張本に代って期待された高橋一三も、8年間日ハムでローテーションを守った。引退後も日ハムのコーチが長かった。富田勝も5年間、日ハムで外野のレギュラーを守った。最後の1年を中日で過ごし、12球団から本塁打を放つという史上2人目の記録を達成している。


 東映からの大型トレードを述べたが、5件のトレードのうち、白を除いた4人の元東映選手が、優勝に貢献している。東映で成し得なかった(張本の1962年初優勝を除く)優勝の美酒を彼等は、他チームで経験した事になるのだ。日本で優勝を経験出来なかった白も、韓国ではLGツインズの監督として優勝の美酒に酔っている。
 その昔、暴れん坊軍団と言われた頃より、東映にはユニークな個性派揃いの選手が多かった。個人のレベルは、かなり高くてもチームとしては、結集出来なかった。監督もコーチも水原始め優秀な人達だったにも関わらずである。実に不思議なチームである。
スポンサーサイト
Sun 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


ビッグバン打線

カテゴリー: 北海道日本ハムファイターズ

 ビッグバン打線(1998年、上田監督)

田中幸男

 最近の日ハムは、貧打が目立ち、打率・ホームラン数とも両リーグ最低。数少ないチャンスをものにして、守り勝ってきている。
選手を見ても、抑えのマイケル中村が抜けた今、絶対的なエース・ダルビッシュとチャンスに強い3番稲葉しかいない。4番スレッジは、長打力に欠けるし、トップの森本も波が大きい。移籍の二岡が、どこまでやれるのかは疑問に思う。そんなチーム事情の中で、ここ数年優勝争いに加わっている事は大したものだと思う。まさに玄人受けする野球をやっている。

 以前にも記した通り、東映時代からこのチームは、不思議なチームである。20勝投手を3人も擁して、優勝できなかったり、白・大下・張本・大杉が居ながら一度も優勝争いに加わっていない。
 
 1998年、この年もご多分に漏れず、期待を裏切った。
西武時代、守備要員であった奈良原と、シーズン途中に同じく古田の控え捕手であったヤクルト野口を獲得した。彼等は、日ハムの水が合ったのか、見事打撃開眼した。前年獲得したナイジェル・ウィルソンも、この年、打点・ホームランの2冠に輝いている。長距離打者西浦はこの年に、生涯最高の成績を残している。前年巨人から獲得した落合や翌年からレギュラーを張る小笠原や甲子園のヒーロー上田佳範も代打に擁していた。

 シーズン当初より、ビッグバン打線は炸裂し、オールスター前の前半戦では、2位西武に9.5ゲーム差をつけ、独走態勢。しかし、後半あれだけ打ちまくった打線が沈黙し続け、急失速し、優勝を逃した。
 ちなみに、2000年の強力打線もビッグバン打線と命名された。両年のレギュラーを比較してみる。

  1998年のオーダー   上田利治監督                              

1 田中幸男 ファースト                
2 奈良原   ショート                   
3 片岡    サード            
4 ブルックス ライト
5 ウィルソン 指名打者
6 西浦     レフト   
7 金子誠   セカンド
8 野口    キャッチャー
9 井出    センター

  2000年のオーダー   大島康徳監督

1 井出    センター             
2 小笠原   ファースト
3 片岡    サード
4 オバンドー レフト
5 ウィルソン 指名打者
6 上田    ライト
7 田中幸男 ショート
8 野口    キャッチャー
9 金子誠   セカンド

 日ハムは、2000年にも優勝していない。つまり、張本・大杉の時代も含め、強力打線と謳われた年には、優勝を逃しているのである。
 1981年、大沢親分が率いたリーグ2度目の優勝時は、島田誠・高代・クルーズ・ソレイタ・柏原・古屋等の強力打線で例外であったが、間柴茂有が15勝無敗、岡部憲章が防御率1位、江夏がセーブ王など、投手陣の踏ん張りも大きかった。
Sun 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


球史に残る大逆転劇

カテゴリー: 北海道日本ハムファイターズ

 東映フライヤーズ、自分が生まれた昭和29年から48年まで存在し、日拓ホームを経て現在の北海道日本ハムに至っている。
 東映時代は、昭和37年に阪神を下して日本一になっているが、リーグ優勝は、この年しかない。
毎年のように、新人王を輩出し、張本・大杉という巨人のONにも匹敵する3・4番を配していながら、万年Bクラスで球界七不思議と言われたものだ。

 昭和46年も開幕から低迷し、最下位を突っ走っていた。
5月3日のロッテ戦。この日もロッテの村田兆治に抑え込まれ、敗色濃厚であった。9回表、最後のバッターもセカンドゴロ、ここで万事休すと思われた。村田も打ち捕ったりと、マウンドを降り、ベンチへーーーところが、ロッテのセカンド、名手山崎が、ポロリとやった。
自分は、東京12チャンネルのテレビ中継を見ていたが、中継はここで終わってしまった。

 翌日の朝刊スポーツ欄を見て驚いた。巨人を押しのけ、東映の逆転劇が、トップ記事である。
9回に同点に追いつき、延長戦へ。
 そして、10回表に奇跡が起きた。2死から、代打作道の満塁ホームランに始まり、トップの大下、2番大橋、3番張本、4番大杉の5打者連続ホームランである。
勿論5打者連続ホームランは、日本記録で、いまだに破られていない。しかも、9回表に相手のミスから追いついただけでも凄いのに、10回表2死から代打満塁ホームランに始まって8点も取ったのだ。
結局試合は乱打戦の末、14対8で東映が勝った。

 これほど凄まじい試合をものにしたのだから、スポーツ誌も「これで東映、長いトンネルから脱出か」
と謳われたものだが、結局この年も低迷した。これが、東映らしさであった。

 もうひとつ、東映は昭和39年に、嵯峨・土橋・尾崎と3人の20勝投手を誕生させた。しかし、優勝どころか、首位南海に9ゲームもの差をつけられて3位に終わっている。近年の野球では、15勝もすれば大エースだ。3人だけで61勝もしているのに、考えられない。何とも不思議なチームであった。
Mon 2008 | トラックバック(-) | comment(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。