スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


球史に残る強力打線 8

カテゴリー: 横浜ベイスターズ

止まらない1998年横浜マシンガン打線

マシンガン打線

 ホエールズの初優勝は、1960年大洋時代、前年最下位だったチームを就任一年目で優勝させ、世間に三原マジックと謳われた三原修監督の時であった。
 この年は、ミサイル打線と呼ばれた西本・阪急を下馬評を覆し、ストレートで破り、日本一の栄冠を手にしている。その38年後、12球団で一番間隔の空いた2度目の優勝であった。
この時も西武を破り、2度目の日本一になっている。ホエールズの優勝は、これまでこの2回しかないが(前身の松竹を除く)2度とも日本一、つまり、日本シリーズでの唯一、勝率10割のチームである。

 マシンガン打線誕生の背景には伝統的なチームカラーも影響していた。歴史上、田代富雄カルロス・ポンセグレン・ブラッグスなど僅かな例外を除き、チームの歴代看板打者は桑田武、近藤和彦、江尻亮、松原誠、長崎慶一、高木豊といった巧打の中距離打者であり、外国人もジョン・シピン、フェリックス・ミヤーン、ジム・パチョレックなどのアベレージヒッターを入団させる傾向が強かった。
 マシンガン打線全盛期のバッティングコーチであった高木由一も現役時代はそういった中距離打者の一人であり、同じようなタイプの打者の育成を最も得意とした。したがって高木はマシンガン打線の生みの親とされているが、同時に球団の伝統を集大成させたとも言える。

 4番のロバート・ローズを筆頭に各バッターは、単打・二塁打を連続して打ち続け、本塁打に頼らずに大量得点を重ねる画期的な攻撃スタイルを確立する。特に原動力となったのは、前年から3番に定着し、チームではジム・パチョレック以来7年ぶりの首位打者を獲得した鈴木尚典の成長である。横浜からは4シーズン連続して首位打者を輩出した。1997と98年鈴木と99年ローズと2000年の金城龍彦 である。
 98年は打線だけでなく、投手でも斎藤隆、野村弘樹、三浦大輔、川村丈夫の先発四天王と大魔神・佐々木主浩の活躍が光った。
特に佐々木は、防御率0.64、1勝1敗45セーブという驚異的な数字を残し、シーズンを通して打たれたホームランは1本、自責点4点という完璧な数字でMVPを獲得している。

 マシンガン打線の数字上のピークの年は、優勝翌年の1999年であった。特に、ローズが打率.369、192安打、153打点という驚異的な数字を残し、打率・打点の2冠王に輝いている。チームもシーズン通算打率.294でセリーグ最高記録を更新している。日本記録は、2003年に福岡ダイエーが達成した.297だが、指名打者制度で投手が打席に立たないパリーグ球団の記録との単純比較は無意味である。1999年の横浜の場合、投手の打撃成績を除けばチーム打率は3割を超えている。まさに、ホームランを別とした、最強打線である。
 この年は前年と打って変わって、主力投手陣が相次ぐ不振・故障によって崩壊状態に陥ったために連覇を逃してしまったが、打撃では2桁安打試合数が1桁安打試合数を上回るという驚異的なシーズンであった。

  1998・99年 マシンガン打線
 
1 石井琢朗   ショート
2 波留敏夫   センター
3 鈴木尚典   レフト
4 R..ローズ   セカンド
5 駒田徳広   ファースト
6 佐伯貴弘   ライト
7 進藤達哉   サード
8 谷繁元信   キャッチャー

 トップの石井は、1998年 174安打で最多安打。98~2000年、3年連続盗塁王。鈴木は、97・98年の首位打者。ローズは、99年、打率と打点の2冠王。駒田、ローズ、進藤、石井、谷繁の内野陣は、非常に高い守備力を誇り、5人とも98年には、ゴールデングラブ賞を受賞している。
 2000年以降、進藤、波留、谷繁の移籍やローズ、駒田の引退により、マシンガン打線は消滅した。

1964・65年メガトン打線

 ホエールズには、マシンガン打線以外にも、もっと強力な重量打線を有した時代もあった。
 1964年は、チーム打率が.255で1位、本塁打(134)と得点(556)が2位と打線が好調で、その長打力から「メガトン打線」の愛称が付いた。桑田武マイケル・クレスに三遊間を組ませ、捕手も土井淳に替えて強打の伊藤勲を起用。好打者近藤和彦を2番に据え、小技に長けた近藤昭仁をあえて下位に回すなど、1番から積極的に打って出る布陣を敷いた。チーム打率はリーグ1位ながら3割打者は1人もおらず、一方で2桁本塁打を記録した打者は5人を数えた。チームはリーグ優勝まであと一歩と迫ったが、惜しくも1ゲーム差で阪神タイガースに競り負けた。

1 重松省三   センター
2 近藤和彦   ファースト
3 M.クレス    サード
4 桑田武     ショート
5 長田幸雄    レフト
6 森徹      ライト
7 近藤昭仁   セカンド
8 伊藤勲     キャッチャー

翌1965年はチーム本塁打136本で1位を記録し、「メガトン打線」の愛称通りのリーグきっての長打力を発揮した。
スポンサーサイト
Sat 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。