スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


昨年の日本シリーズ

カテゴリー: 日本シリーズ

 昨年の日本シリーズは、全く意外であった。
短期決戦に弱かった中日が53年ぶりの屈辱を晴らした。
日ハムはパリーグを制覇し、2連覇した気の緩みを、中日の執念が上回ったということだと思う。

 日ハムはシーズン中に、早々とヒルマン監督退団発表をし、梨田新監督の”ヒルマン野球を継承しない梨田カラー”のアドバルーンを掲げた。シリーズ前にこんな発表をする球団の真意が分からなかった。
 これから大事な一戦があるというのにーー。
選手だけでなく、コーチ陣も動揺したであろう。監督が変われば、コーチ編成も変わるのだから、来年、自分はどうなるのであろうということからチームの一体感を欠いたことは紛れもない。球団の配慮が全くなかった。

 それにしてもハムは打てなさ過ぎた。よくあれでリーグ制覇できたと思う。
先発陣もダルビッシュ以外、四球の連発、完全な自滅でった。
初戦の息づまる投手戦以外は、全く中身の薄いシリーズであった。

 それだからこそ、最終戦の山井降板は、残念であった。
日本シリーズでの完全試合は、前人未到。達成すれば永遠に不滅の記録であった。
山井は、球史にその名を残すところだった。落合が無理をしてでも続投させるべきだったと思う。山井にとって今シーズン最後の1イニングだったのだからーーー。

 山井も落合も2人とも情けないと思った。
確かに中日には、岩瀬という絶対の抑えがいるし、短期決戦の怖さを知っている落合としては、ここまで3勝1敗と王手をかけていても、一つのミスから流れが変わることを熟知していたであろう。53年ぶりの日本一監督に執念を見せるべく、手堅い投手交代ではあった。結果として、日本一監督落合の名は残った。しかし、山井は?

 山井は、一年間ローテーションを通したことのないピッチャーである。
おそらく、こんなチャンスは、この先もないであろう。
極論すれば、あの9回は、彼の生涯、最初で最後の1イニングだったとも言えよう。

 勝てばいいという落合流。ファンは意外性を期待しているのだ。仮に山井が打たれても、ファンは納得したと思う。あの采配は、ファンを無視した行為だと思う。
こんなことだから、年々国内野球の人気が低下していくのではなかろうか。
日本一になった中日関係者や、中日のファンは嬉しかったであろう。
しかし、その感動はいつまで続くであろう。もっとファンに夢を与えて欲しい。

 勝ち負けにこだわらない、真の野球ファンとしては、寂しい限りの1イニングであった。
スポンサーサイト
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)


最近の日本シリーズ

カテゴリー: 日本シリーズ

最近の日本シリーズ総括

 昨年は、中日が前年の屈辱を晴らし、見事シリーズを制したが、最近は、昔と比べてシリーズの醍醐味にかけている。

 今年は、阪神とロッテのシリーズ予想をしているので、3年前の再現となりそうだ。そこで、当時のシリーズを振り返ってみる。
 
 その年、人気の阪神対ロッテという前評判の割には、あっけなかった。岡田采配というより、阪神の主力が打てなさ過ぎたのが最大の誤算である。
ロッテのプレーオフの勢いからいって、岡田は相手を甘くは見ていなかったと思うし、選手も当然勝つ気でいた。
 当時のエース井川は、中日との首位攻防戦4連敗を初め、節目となる巨人戦等ここ一番ではことごとく打たれている。ロッテにもある程度打たれるという結果は読めていても、絶対的エースがいないことで、初戦に井川を使わざるを得なかった。
岡田に同情している。失点は覚悟していたのだし、それを上回る打線の奮起が実らなかったことに尽きる。6回・7回(ロッテ打者の打席3順目)にあれだけ突如先発陣が崩れては、阪神のお家芸である>JFKも機能させられなかった。世論はJFKの投入が遅れたというが、4試合で4得点は、史上最低だし、タイムリーも2本だけである。3試合が10失点と、投壊が目立つが、2失点でも負けていた訳である。試合から遠ざかっていた打線のエンジンのかかりが遅く、緊迫した接戦は、第4戦だけであった。あくまで貧打が敗因である。赤星・金本・今岡らが、本来のバッティングができなかった。

 それにしても、シーズンから接戦を制してきたロッテの四天王先発陣はすごかった。10勝投手6人のうち、新人王、久保でさえ出番がなく、小野晋吾を中継ぎ(シーズンの後半からそうであったが)に回す余裕があった。先発の数は、阪神と同じでもロッテ先発陣はバラエティに富み、個々の力量が違っていた。国内唯一のアンダースローである渡辺俊介の活躍が目立ったが、ロッテのエースは清水である。成長著しい小林宏之、左のセラフィニとも、持ち味を遺憾なく発揮した。

この辺がバレンタイン監督の起用法・選手の乗せ方の妙味だと思う。野手に対しても絶対的信頼をしているという包容力を感じさせる。売り出しの西岡・今江を1・2番で固定して使うのかと思ったが、敢えて打順を固定しなかった。シーズン中でも、西岡が先発から外れることがしばしばあった。堀と小阪も腐らせず、3人を上手く併用して使ってきた。外野手も固定せず、4人の外人を上手く使っていたし、大塚・諸積といった控え選手まで信頼感を寄せていた。捕手2人制という従来の強豪チームでは、考えられない起用法(近鉄時代の梨田・有田以外例を見ない)普通正捕手は決まっていて、控えとしてその他2人を置いているし、投手との相性で換えるケースもあるが、ロッテの場合は、左右の攻撃重視の起用法である。まさに全員野球である。

 さらにバレンタインが偉大であるのは、その営業力である。ファンを完全に取り込んだし、広報・宣伝活動にも一躍を担った。心臓病の子供の米国での手術費を援助する活動をしたことも、おそらく彼の発案だと思う。まさにロッテは勝つべくして勝ったといえよう。


 阪神に関してであるが、結局、間隔のあきすぎで打線が、実戦から遠ざかっていたこと以外にセ・リーグの体質を見た。
セは打倒巨人が、第一目標で、リーグ優勝で満足してしまうのだ。パに比べてハングリー精神がなさ過ぎる。だから最近では、巨人以外はパに軍配が上がるのだ。昨年の中日は、逆によくやったと思う。
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。