スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)


世紀の大トレード

カテゴリー: 野球全般

前代未聞の大型トレード

小山正明

 日本プロ野球は、1950年に2リーグに分裂したが、セリーグは8球団でスタートした。即ち、大阪タイガース、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、大陽ロビンス(松竹ロビンス)の既存球団と、大洋ホエールズ、西日本パーレーツ、広島カープス(のちにカープに改名)、国鉄スワローズである。

 2リーグ分裂に伴い、選手の引き抜き合戦が激しく繰り広げられた。特にパリーグの毎日オリオンズは選手の引き抜きに熱心に動き、タイガースの若林忠志監督兼投手を誘う。
当時、若林は阪神球団幹部との関係があまり良くなかったこともあり、毎日の要請に応じる。それに伴い、若林を慕う別当薫、呉昌征、本堂保次、土井垣武、大館勲が行動を共にして移籍した。
 タイガースの主力をゴッソリ引き抜いた毎日は、この年パリーグ優勝を果たした。日本シリーズでも、セリーグの覇者・松竹を降し、初の日本一の栄冠に輝いた。
さらに、タイガースから長谷川善三が西鉄クリッパースへ、門前真佐人が大洋ホエールズへ去り、チーム力は著しく低下した。

 こうして、名門タイガースはリーグ初優勝を12年後の1962年まで待たねばならなかったのである。
1953年に入団した小山正明は、この年5勝、翼54年には11勝を挙げて頭角を現す。58年から3年連続20勝以上を達成。1962年はセリーグ記録の5試合連続完封、当時の球団記録の47イニング連続無失点を樹立(2008年シーズン終了時点での球団記録は2006年の藤川球児による47回2/3)。村山実と共に2本柱としてリーグ優勝に貢献し、沢村賞を受賞した。

 初優勝した翼63年のシーズンオフに衝撃が球界を襲った。強力打者を補強したい阪神、ローテーションの柱となるような投手を補強したい大毎という両チームの思惑もあり、20勝投手と4番打者の大トレードが実現した。阪神の大エース小山と大毎(前毎日)の4番打者・山内一弘との「世紀の大トレード」である。
 1960年代から各球団のトレードが活発に行われるようにはなっていたが、大物選手同士のトレードは、これが史上初であり、「世紀のトレード」と表現されるほど世間の関心を集めたのである。

 山内は、大毎入団3年目からレギュラーに定着し、 田宮謙次郎、榎本喜八などとともに「ミサイル打線」の中軸として活躍していた。1960年には32本塁打を放ち、本塁打王と打点王を獲得し、パ・リーグMVPを受賞し、優勝に貢献している。
 阪神に移籍した4年間は、打率最高が.261と振るわなかったが、その野球に取り組む姿勢は次世代の選手には多大なる影響を与えた。
 また、1965年7月4日にプロ野球史上初の300本塁打、阪神最後の1967年10月14日には、昭和生まれでは史上初、プロ野球史上では川上哲治に次ぐ2人目の2000本安打を達成している。
 
 翼68年には、根本陸夫監督に請われ広島東洋カープに移籍。王貞治、長嶋茂雄に次ぐ打率3位の.313を放ち、自らの存在感を示し、ここでも山本一義、衣笠祥雄、山本浩二、水谷実雄、三村敏之、井上弘昭、水沼四郎ら数多くの生きた教材として活躍した。1970年、400本塁打まであと4本と迫りながらも現役引退。背番号8は山本浩二に受け継がれる。首位打者1回、本塁打王2回、打点王は4回獲得。ベストナイン10回受賞と堂々たる成績を残している。

 一方の小山は、大毎へ移籍1年目にいきなり30勝を挙げ最多勝に輝いた。続く1965年と1966年にも2年連続20勝を達成した。その後、球団名がロッテに変更された2年目の1970年には、成田文男 、木樽正明と共に3本柱の一角として、リーグ優勝に大きく貢献した。1973年に大洋へ移籍し、この年限りで引退した。
 2008年シーズン終了時点で日本プロ野球唯一のセ・パ両リーグでの日本シリーズ登板、および、両リーグでの100勝記録保持者である。


 日本でのトレードは昔から、「出された」などのマイナス的な暗いイメージが付きまとう。しかし、この小山と山内の「世紀のトレード」は、両チームの弱点を補うための、チーム同士の思惑通りのプラス的交換トレードである。両者とも移籍先のチームを変えたと言える。
 このようなチームを活性化させる大型トレードは、どんどんやってもらいたいものである。
スポンサーサイト
Sat 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


投手の3本柱もしくは四天王

カテゴリー: 野球全般

優勝を支えるチームの柱

3本柱

 1950年の2リーグ制以降、各球団はヤクルト(国鉄とサンケイ時代も含める)と楽天を除き、愛称が付けられた強力打線を構成してきたことは、既に書いてきた。強力打線で優勝の栄冠を勝ち取ったチームもあったが、やはり野球はピッチャーである。投手を中心とした守りで栄冠を手にしたチームの方が圧倒的に多いからである。
 派手な打ち合いもそれなりに面白いが、息詰まった投手戦こそ見応えがある。今回は、チームを支えた。投手の3本柱および四天王について述べたい。

 球史を振り返って、最初の強力な3本柱は、1956年の西鉄である。
この年南海は、最終的に田沢(15勝)、野母得見(14勝)、長光(13勝)、皆川(11勝)、小畑戸川(10勝)と、6人もの2ケタ投手を輩出している。前半から独走状態だったが、最後は西鉄に0.5ゲーム差で逆転優勝を許している。 
 この年の西鉄3本柱が、島原(25勝)、稲尾西村(21勝)の20勝トリオである。20勝トリオは、長い球史の中でもこの年しか生まれていない。12球団全体で20勝投手が一人出るか出ないかという、今の時代では、同一チームに3人など到底考えられない記録である。
 西鉄は、日本シリーズでも巨人を降し、この年から日本一3連覇の偉業を遂げている。

 連覇といえば、1967年からリーグ3連覇を達成し、阪急の第一期黄金時代を築いた投手陣は、米田・梶本・足立・石井茂雄の四天王で、全員20勝を経験している。通算成績も米田(350勝)、梶本(254勝)、石井(189勝)、足立(187勝)と、堂々たるものである。その後は、山田久志・今井雄太郎・佐藤義則(後半は山沖星野もかぶっている)に受け継がれたが、全員100勝以上している。
 
 西本監督率いた阪急は、一度も日本一になれなかったが、阪急に大きく立ちはだかったのが巨人である。大投手・名投手を数多く輩出している巨人であるが、V9を支えた巨人の3本柱は、堀内・高橋一三・渡辺秀武である。それ以前は、藤田・城之内・中村稔らがかぶる時期がある。(金田は巨人では大した活躍をしていない)
その後の巨人では、斉藤・槙原・桑田の時代が長い。

 V9巨人と日本一の覇権を争ったのは、南海・阪急・ロッテだけであるが、ロッテの3本柱は、成田・木樽・小山である。1970年には、この3本柱を擁し、さらにホームラン20発6人衆を揃えて満を持して巨人に対したが、1勝4敗と惨敗した。その後のロッテの3本柱は、小宮山・黒木・ヒルマンや最近の清水・小林・渡辺だが、期間も短く過去の3本柱に比べると線が細い。2005年には、その3人に加え、小野・久保・セラフィニを含めて、史上3度目の2ケタ投手6人を輩出して優勝している。

 2ケタ勝利6人の記録は、2005年のロッテと先に挙げた1956年の南海の他は、1963年の2度目となる南海で、7/10時点で2位に14.5ゲーム差をつけながらまたしても西鉄に逆転優勝を許している。
この年の布陣は、森中(17勝)、スタンカ杉浦(14勝)、三浦清弘(13勝)、皆川(12勝)、高橋栄一郎(11勝)である。

 セリーグでV9巨人と覇権を争ったチームを見渡すと、阪神の前半が、村山・小山・バッキー、後半が江夏・上田・古沢。大洋は、平松・山下・坂井が印象的。比較的巨人に強かった広島の四天王が、外木場・安仁屋・白石・大石、その後は、池谷・佐伯・福士・金城、最近では、北別府・川口・大野までだろう。
 中日では、星野・稲葉・松本・三沢時代と小松・都・鈴木孝政(但し押さえ時代もあるので短い)ぐらいか。

 チームの両輪と言われるように、先発2人まではどのチームもいつの時代も定着しているが、強力な3人及び4人が3年以上固定されているとなると、意外に少ない。
以前も記したが、リーグ3連覇以上しないと、チームの黄金期とは言えないと思う。そういう意味ではセリーグでは巨人だけだし、パリーグでも南海、阪急、西鉄(西武含む)しかない。新の3本柱とは、年間15勝近くを3年以上経験し、チームの優勝に貢献できてこそのものだと思う。

 南海の黄金時代の立役者は、杉浦・皆川・スタンカ・三浦の四天王である。全員100勝以上している。西武では、東尾松沼兄弟、その後は、両渡辺石井丈裕ぐらいであろうか?長いという事からは、近鉄の鈴木啓二・神部・清・佐々木宏一郎の四天王もバラエティに富んでいた。


 先発投手の3本柱および四天王では、20勝トリオの西鉄(島原・稲尾・西村)と阪急第一期黄金時代への立役者(米田・梶本・足立・石井茂雄)、南海黄金時代の四天王(杉浦・皆川・スタンカ・三浦)V9巨人の功労者(堀内・高橋一三・渡辺秀武)などが特筆される。
Tue 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


今年のリーグ戦

カテゴリー: 野球全般

半分経過したリーグ戦を振り返って2

ソフトバンク・ホークス

 セリーグ同様、日ハムの健闘は予想されたが、意外だったのはオリックスの体たらく振りと、ソフトバンクの快進撃である。開幕から調子の良かった楽天の下降はミエミエだったし、もたついていた西武もいずれ盛り返してくる事は間違いないと思っていた。楽天の岩隈と田中マー君の2本柱は、安定していると思っていたが、岩隈が去年ほどでない事は予想がついていた。中継ぎ・押さえが不在な事も予想通りであった。5月一杯、思った以上に打線が活発だったため、主意戦線にとどまっていたが、交流戦から凋落の一途を辿って行った。逆に選手層の厚い西武のもたつきは意外であったが、思った以上に中継ぎ・押さえが悪かった。しかし、戦力的に見ればパリーグ一であろうから、上がってくる事は間違いなかろうと見ていた。自分が開幕前に予想していたAクラス(プレーオフ進出チーム)は、西武・日ハム・オリックスであったが、現実はオリックスとソフトバンクが入れ替わった。

 それにしてもソフトバンクの秋山新監督の手腕は見事である。野手では、松中小久保が衰え、ここ数年来新外人も戦力になっていない。多村は怪我が多く、一年を通して働けない。最近は、川崎まで怪我がちになってきている。キャッチャーも固定していない。
 投手を見ても、エース斉藤は未だに一軍未登録。新垣の不調は続き、昨年活躍した大隣も出来過ぎの感があったし、大場も伸び悩んでいる。押さえの馬原は安定しているものの、彼も怪我で出遅れ。計算できる中継ぎ不在の状態であった。開幕前に計算出来る先発は、杉内和田だけだと読んでいた。

 案の定、新垣と大場の登板はほとんどなく、大隣もパットしなかった。交流戦では、和田まで怪我で戦列を離れた。こんな状態の投手陣の救世主は、先発では2年目のホールトンと今まで中継ぎだった藤岡である。交流戦からは、新外人ジャマーノも出てきた。しかし、何よりプラスの誤算は、中継ぎ二人の安定感である。新人の摂津と新外人ファルケンボーグは、ほとんど打たれていない。摂津の新人王は、まず間違いないと思う。

 野手で成長著しいのは、開幕から外野の一角を掴み取った長谷川城島が抜けた後の課題だったキャッチャーに固定した田上である。6番長谷川の高打率と9番田上の長打力には、舌を巻く。元々田上のバッティングには定評があったが、リードがまずくキャッチャーとして使ってもらえなかった。しかし、今年はリード面も急成長したのか、途中から正捕手に定着した。投手陣が良くなったのも、彼の功績が大きいと思う。

 さらに忘れてならないのは、交流戦前に獲得した元ロッテのオーティスである。彼は、オリックスとロッテ時代にセカンド、サード、ファースト、時には外野まで守った。20本近いホームランの打てる内野手を何故ロッテが、今シーズン契約しなかったのか不思議であった。
 とにかく、彼がホークスに入団してから俄然チームは勝ち出した。交流戦には、多村も戻ってきたし、開幕戦で怪我をして以来、出場していなかった松田も戻って来た。彼等の活躍でソフトバンクは交流戦の優勝を果たした。その後も快進撃が続き、上位から下位まで途切れのない打線は、他チームの脅威となっている。

 ベンチでどっしり構える秋山監督は、前述の長谷川や田上の抜擢、松田や本多という若手に対する信頼感も伝わってくる。若手とベテランの歯車がかみ合っている気がする。摂津→ファルケンボーグ→馬原という投手リレーは、完璧である。そうなるとチームの大崩は考えにくく、試合巧者の日ハムと後半も激しい首位争いを演じていく事になろう。この2強を、元々選手層では定評のある西武が追う形となり、パリーグ戦線は、AクラスとBクラスがハッキリ分かれた展開になっていくと思う。
Mon 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


今年のリーグ戦

カテゴリー: 野球全般

半分経過したリーグ戦を振り返って1


4.9巨人対中日

セリーグ編

 開幕前から予想された事だが、セリーグは巨人が強すぎて面白くない。意外だったのは、中日の健闘振りである。エース川上憲伸と4番タイロン・ウッズが抜け、自分も苦戦を予想していた。阪神は、岡田監督が変わったいきさつに不審を感じていたし、今の横浜は誰が監督をやっても変わり様がない所から、自分は巨人の独走で、追うチームはヤクルト・広島を予測していた。

 案の定、巨人は独走だが、中日と広島が予想とは入れ違った展開になっている。現在ヤクルトが2位とは言え、このチームは巨人に全く歯が立たない所から、中日に抜かれる事は時間の問題であろう。

 そこで思い出すのは、春先に巨人に3連敗した後の中日・落合監督の言葉である。「巨人を追うのはうちしかない。」これを聞いて自分は、単なる負け惜しみとは思えなかった。あの頃の中日は、チームがどん底状態だったのだ。ウッズに変わり、4番を任された新外人のブランコは三振と凡打の山を築いていた。井端荒木も調子が出ず、期待の森野に至っては、絶不調。正捕手・谷繁の戦線離脱、オープン戦好調だった藤井とルーキー野本も精彩を欠いていた。結局野手では、和田だけが孤軍奮闘していた状態であった。
 先発投手を見ても、開幕投手浅尾が調子を崩し、中田、山井、小笠原、山本昌は、一軍登録さえされていなかった。先発陣はまだ、チェン、吉見、朝倉と成長著しい川井と揃っていたが、中継ぎ陣が崩壊状態だった。平井は衰え、高橋聡文も調子が出ず、ネルソン、パヤノの助っ人もパットしなかった。春先は押さえの岩瀬も毎年調子が出ず、巨人の亀井に逆転ホームランされている。

 こういったチーム状態が最悪の中でも、落合は手応えを感じたのであろう。一時は、10ゲーム近いゲーム差を巨人につけられながらも、交流戦からじわじわ上がってきている。ヤクルトという苦手チームもあり、巨人との対戦成績も水をあけられているが、必ずや後半は巻き返すであろう。
 落合の選手を見る目は確かだと思う。野手は選手層が薄いため、ほぼ固定して使っているが、投手の一・二軍の入れ替えは激しい。すぐ見切りをつけて、看板投手でも二軍に落とすが、調整させまた一軍に呼び戻している。野手の選手層は、阪神やヤクルトとよりずっと薄い。4番ブランコをずっと我慢して使い続け、見事に開花させている。3番森野と5番和田は固定で、不振であっても絶対変えていない。思い切りの良さと忍耐強さが常に同居している名監督だと思う。

 中日に対して、情けないのは阪神だ。投手陣が怪我人続出という不運はあるが、昔から選手の怪我が多すぎる。新人王を取った上園を始め、小嶋、筒井、杉山、能見、石川、岩田と若手が1年しか活躍していない。福原は、毎年怪我に泣かされ、今年は鉄腕久保田までダウンし、未だに1軍に上がっていない。
 巨人に次いで金のある球団で、毎年大物外人を補強しているが、全く活躍していない。真の助っ人はバースまで遡る事になる。赤星が怪我がちになり、鳥谷新井の不振には目を覆うばかりだ。藤本が活躍したのは一年だけ、桜井は共に伸び悩んでいるため、外野陣は金本以外は固定していない。巨人には、去年の9月からまるで歯が立たなくなってしまった。去年の前半には、あれだけ巨人をたたいたにも拘らず、結局シーズンでは負け越し、今年も1勝しかしていない。先日の3連戦も1引き分けがやっとである。中継ぎで好調を維持してきたアッチソンが打たれ、今年は、波に乗れない藤川も打たれて追いつかれた。追いつかれれば、タイムリー欠乏症のチームが勝てる訳もなく、引き分けが精一杯なのだ。

 横浜にしてもヤクルトにしても、巨人3連戦でこれまで勝ち越した事がなく、阪神も含んだこれら3チームは、おそらく今年、3連戦の勝ち越しはないであろう。これでは、巨人は楽である。如何に中日が頑張っても、巨人にはお得意さんが3チームもあるのだから。
 大体毎年のように巨人は、ヤクルト飲んで、横浜銀行に貯金して勝ってきたチームである。伝統の一戦といわれる阪神には、数段の奮起を望む。今年のセリーグを面白くなくしているのは、明らかに阪神なのである。
Mon 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


球史に残る侍たち

カテゴリー: 野球全般

個性派揃いの昔の侍

 各チームの強力打線の項でも書いたが、埼玉西武ライオンズの前身である西鉄ライオンズは、流線型打線も破壊力があったが、メンバーの個性も凄かった。
 1958年の球史に残る巨人との日本シリーズでは、『神様・仏様・稲生様』と謳われた稲尾和久を始め、野手に侍が集まり、野武士軍団といわれたものだ。

 WBCで、サムライジャパンといわれたが、現役選手に本当の”侍”がいるだろうか?昔の豪快な選手を見てきた自分としては、どうしてもエピソードが多い昔のツワモノと比較してしまう。
2リーグ分裂後の1950年から70年ぐらいまでには、多くの侍がいた。
 現役で、過去の強打者と比較しても引けを取らないのは、鉄人金本ぐらいではなかろうか?(単なる数字だけでなく、頑健さを含んで)
 投手も昔は、中三日が当たり前、シーズンのローテーションを3人の投手でまかない、エース級は20勝が当たり前の時代。30勝投手も出現したが、1968年の南海・皆川睦雄の31勝以降生まれていない。
日本シリーズの記録を見ても、稲尾は58年のシリーズでは、7戦中6試合に登板しているし、シーズンでも、1961年には不世出の最多勝記録42勝を残している。
 58年の日本シリーズで3連勝の後4連敗した巨人は、翼59年には、南海・杉浦忠に4連投ストレート負けしている。
 60年の巨人は、大洋にリーグ優勝を許したものの、61年にリーグを制した。またもや南海と対戦し、初戦を落としている。つまり、巨人は西鉄と南海に日本シリーズ9連敗したのである。

 稲尾や杉浦は、別格であるが、投手だけを見ても自分がよくプロ野球を見ていた頃には、鉄人米田哲也 (阪急)や弱小チームで孤軍奮闘していた国鉄時代の金田正一と近鉄一筋の鈴木啓二、『針の穴をも通すコントロール』といわれた東京オリオンズと阪神時代の小山正明 、ルーキーの年にいきなり35勝した中日の権藤博など、そうそうたる顔ぶれが目立つ。

 野手もチームごとに侍が居た。野武士軍団といわれた西鉄の中心であった中西、豊田、高倉などは数々のエピソードを持っている。
 後楽園を本拠とする前の駒沢球場から、駒沢の暴れん坊と異名を取った東映では、山本八郎が、「ケンカはち」として鳴らしたし、投手としての選手生命は非常に短かったが、親会社東映の俳優となり、ギャングや悪党を専門に演じる俳優集団悪役商会の会長となった八名信夫など、個性派がおり、その流れは、張本一家につながった(大杉、白、大下、高橋博、尾崎、土橋などが有名)。暴れん坊軍団と言われたが、各人が大変な記録保持者である。
 その他、近鉄の猛牛軍団。大リーグから闘争心を持ち込み、弱小球団に喝を入れたスペンサーがいた阪急。野村克也、杉山光平、岡本伊三美、国貞泰汎、広瀬叔功などを率いて鶴岡親分と謳われた南海。奇人と言われた天才榎本喜八 、打撃の職人山内一弘 、葛城隆雄を擁した東京オリオンズ。

 昔から、「人気のセ・実力のパ」と呼ばれており、やはりハングリー精神旺盛なパリーグの方が、猛者連中が多かった。いつ頃からこじんまりしてしまったのか。やはり、勝つためのチームプレー重視、管理野球が叫ばれ出してからであろう。
 もっとも、世の中便利になり、車社会となれば歩かないのだから、現代人の体力も落ちているといえる。武士は、一日数里歩いたのだ。プロ野球選手で車に乗らない選手はいないであろう。
 また、ハングリー精神もなくなっているし、先輩も甘い。自分が体育会に居た頃でさえ、先輩たちにぶん殴られもした。そういった厳しさもないし、世の中天下太平、打てなくたって命まで取られるわけじゃなし。
 
 長期不景気と言われ続けても、全く食えない訳ではないのだ。今まで贅沢に慣れてしまっているから、悪い状況が続くと厳しく感じるのだ。
何もプロ野球の世界に限らず、世の中全体が「良い子ちゃん」にまとまり、言論の自由だとかが、まかり通っている。我々の頃は、口より先に手が出たものだ。今の若者はそれこそ、ぶん殴りあって本当に喧嘩したことがあるのだろうか?
 昔は、喧嘩した後に仲良くなったものだ。これ以上は、という限界を知っていた。今は、それがわからないから簡単にちょっとしたことで殺人が起きたり、イジメも陰湿になっている。自分の周りを見ても陰で人の悪口を言っているばかりで、本人の前では何も言えない。自分は、ズケズケ本人の前で言うが、そういう人間は浮いてしまう。上司に対してもおかしいと思ったことはハッキリ言うが、今の日本には、”無礼講”などないのだ。飲み会の時など、「今日は無礼講だ。何でも言いたい事を言え」などとホザクが、ちゃんと覚えているのである。バカな上司ほど、ゴマをする部下が可愛いし、酒の席だからなど決して許されないのだ。

 話が逸れたが、社会現象としても硬派は、少なくなっているのだから、プロ野球界においても本当の侍などいる訳がないのだ。何でも横文字化している世の中だから、サムライならいるかも知れない。
Mon 2009 | トラックバック(-) | comment(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。